松井珠理奈をメインにしたSKE48のまとめサイトです。

SKE48

【記事】「ハリウッドJURINAも引退か?~世間と戦い続けた松井珠理奈~」が素晴らしい!「珠理奈の歩みに沿って書いてくれてる」「珠理奈をよく見てくださってる」

投稿日: コメント (1)

ハリウッドJURINAも引退か?~世間と戦い続けた松井珠理奈~
三尾圭 | スポーツフォトジャーナリスト
2/10(月) 19:04

「勇気を振り絞って、一歩を踏み出したいなと思いました」と2月7日のSKE48劇場公演で引退を発表した松井珠理奈。

2008年に11歳でSKE48の第1期生としてデビューしてから、SKE48の顔として、またAKB48の選抜メンバーとして走り続けてきた。

(略)

ドラマ「豆腐プロレス」がきっかけで出会ったプロレス

豆腐プロレスでプロレスラーを演じるにあたり、勉強のために観始めたプロレスだったが、珠理奈はすぐにプロレスに夢中になり、プライベートでも観戦に訪れるほどにプロレスにはまった。

「プロレスは生活の一部」とまで言う珠理奈にとって、プロレスとはスポーツやエンターテイメントの枠を超えて、アイドル人生に多くのヒントを与えてくれる存在。プロレスとグループ・アイドルには共通点が多いが、珠理奈はプロレスから得たアイデアを用いて、SKEやAKBの活性化に活かしてきた。

珠理奈のプロレス愛は本物だからこそ、彼女は多くのプロレスラーの支持を集め、2018年に地元名古屋で開催された「第10回AKB48世界選抜総選挙」では人気プロレスラーたちがこぞって珠理奈を応援した。

(略)

12年間、世間と戦い続けたアイドル松井珠理奈

アントニオ猪木のプロレスは、世間に戦いを挑み、世間と戦い続けてきたプロレスだった。

松井珠理奈のアイドル人生もAKB48のセンターに抜擢された小学生のときから、引退を発表するまでのこの12年間、世間と戦い続けてきた。

48グループが世界に進出して、成功を収められたのは珠理奈が初の姉妹グループとして誕生したSKE48に成功をもたらしたから。AKBの下部組織ではなく、AKBに並び、AKBを超えるグループに成長できるように、珠理奈はSKEを鍛え上げ、熱いグループに育て上げた。アイドルには相応しくないような「熱さ」はときにファンから誤解を受け、批判も浴びたが、それでも珠理奈は自分が信じた道を我武者羅に突き進んだ。

珠理奈に導かれたSKEは紅白歌合戦に3度出場。毎年の総選挙でも上位に多くのメンバーをランクインさせ、「総選挙のSKE」と呼ばれるほどにファンの結束も高かった。

(略)

SKE48のエースとして12年間も走り続けた珠理奈は、まだ22歳。大学生が卒業して、社会に出る年齢と同じだ。

AKB、SKEという看板を外して、社会に出ていく珠理奈だが、これまでに培ってきた経験を武器に、どんな道を選んでも成功するだろう。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20200210-00162486/

 

 

この記事への反応

 


凄く知ってくれて、凄く書き込まれた感じが伝わる記事でした。

書いてくれた三尾圭さん、ありがとうございます!

 

是非全文読んでくださいませ\(^o^)/

https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20200210-00162486/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-SKE48
-

Copyright© 珠理奈んです:SKE48と松井珠理奈まとめ , 2020 All Rights Reserved.