北川愛乃の生誕祭を家族揃って見届ける北川家が温かい!「家族のみんなにも恩返しできるようもっともっともっと全力で頑張ります」

949: 名無しのSKE本スレ民 2018/02/06(火) 23:41:55.13 ID:VjUZuGtIH

018.02.06 23:38
家族のみんな♪ No.101
http://www2.ske48.co.jp/blog_pc/detail/?writer=kitagawa_yoshino
no title

1月25日(木)は私の生誕祭を開催して頂き

お母さんが大阪から見にきてくれました。

その日、お母さんは

あまり体調が良くなかったのですが

生誕祭で関係者席に誰もいないのは

可哀想だし

応援して下さっている方々が

一生懸命用意して下さった生誕祭や

愛乃の姿を見届けたいから

と言って来てくれました。

 

そして、大阪の実家では

おじいちゃん、おばあちゃん

お父さん、お兄ちゃん

がみんな揃ってDMMを見てくれて

お兄ちゃんはテストが近くて

勉強をしないといけなかったり

お父さんもお仕事などで

忙しかったみたいですが

時間を作ってくれて

みんなで見てくれましたぁ

Overtureからみんなでサイリウム振って

応援してくれていたそうです♪

普段おじいちゃんは寡黙な感じなのですが

私がユニット曲の

「赤いピンヒールとプロフェッサー」

を踊りはじめた瞬間に

率先してサイリウムを

振ってくれていたそうです。

こんなにも熱くなって

応援してくれて

めーーーちゃ幸せだなぁ。

おじいちゃん、おばあちゃん

お父さん、お兄ちゃん

本当にありがとう☆??:*

生誕祭の次の日に

お礼にテレビ電話でお話したのですが

みんなの喜んだ顔が見れて

おじいちゃんとおばあちゃんも

興奮して感想など言ってくれて

私もとっても笑顔になれましたぁ♪

家族のみんなの元気の源に

少しはなれたのかなぁと思うと

とっても嬉しいです☆??:

普通は反対されるような夢でも

最初から私を信じて

夢を応援してくれた家族がいるから

自分を信じて夢と向き合うことが出来ました。

そして、今もずっと応援してくれている事に

心から感謝しています。

私は家族のみんなにも恩返しを

していけるようにこれからも

もっともっともっともっと!!

全力で頑張ります。

956: 名無しのSKE本スレ民 2018/02/06(火) 23:44:17.36 ID:tMqhhtF10
>>949
どう育てたらこんな良い子に育つんや…?

 

959: 名無しのSKE本スレ民 2018/02/06(火) 23:45:42.65 ID:dP/yfqSa0
>>949
おかあちゃん…(涙

 

968: 名無しのSKE本スレ民 2018/02/06(火) 23:49:10.51 ID:7UJu3MYLa
>>949
いい話だなー

 

973: 名無しのSKE本スレ民 2018/02/06(火) 23:52:16.56 ID:vK8nc+DW0
>>949
前にお母さんが元気な頃に戻りたいみたいなこと言ってたな

 

976: 名無しのSKE本スレ民 2018/02/06(火) 23:53:35.07 ID:ciMgz1ns0
>>973
お母さん無理なさらぬと良いが、
お嬢さんの活躍が良薬となって少しでも
快癒されるように。

引用元: 【本スレ】SKE48★15742【本スレ】

家族にアイドルがいると、嬉しいことも心配なことも色々ありそうだけど、家族揃って応援してくれてるってよこにゃんにとっては凄く励みだろうなあ。

関連記事

  1. READ MORE

    相川暖花が描いた北川愛乃の似顔絵が髪の毛で走ってきてそうw

    2017-07-02

  2. READ MORE

    北川愛乃の似顔絵コーナーに「愛乃 絵画展」の案内できたよー

    2018-10-04

  3. READ MORE

    北川愛乃のモバメ企画『デートメール』第4弾が10月23日からスタート!「私とデートしている気分を妄想出来るメールが届くという内容になっています💕」

    2019-10-20

  4. READ MORE

    日高優月、太田彩夏、北川愛乃がプロデュース製作した「養老サイダー」PR動画が公開!

    2017-12-05

コメントをお待ちしています。

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

27thシングル「恋落ちフラグ」予約受付中

カテゴリー

最近の記事

  1. READ MORE

  2. READ MORE

  3. READ MORE

  4. READ MORE

  5. READ MORE

ページ上部へ戻る